アフロオーディオ期待の新人2名をご紹介!

こんにちは、アフロのニノミヤです。

今回はアフロオーディオ期待の新人をご紹介します。
登山1

(左から) 久保田君と上田君。
二人とも20歳の新社会人です。

4月から約一月が経ちました。
出張買取への同行や商品の梱包など、
アフロオーディオでの仕事に少しづつですが
慣れてきたところでしょうか。

まだまだ初々しさが残る二人ですが、
若さを武器に多くの事に挑戦し、どんどん覚えていってほしいですね。

出張買取でお伺いした際は、ぜひよろしくお願い致します。

※写真は先日行った「鷹ノ巣山レクリエーション」での一枚

アフロ・レクリエーション 鷹ノ巣山を登る

原修造です。
4/23(木)、レクリエーションで登山に行ってまいりました。
今回挑戦するのは、東京都奥多摩三大急登の一つ、鷹ノ巣山。標高は1737m。
前回は神奈川県塔ノ岳に行きましたので、ちょっとステップアップですね。
のつもりでしたが、この後地獄の苦しみを味わう事に。。

登山口近くの駐車場に到着。
少し雲が出ていましたが、天候は晴れ。
今年の4月は雨ばっかりだったので心配でしたが、一安心。
前方に見えるのが鷹ノ巣山。
19-1

準備を整え、いざ出発。
まずは日原の町を男8人ひた歩く。
途中に看板が。『奥多摩でも随一の急登です』の文字。のぞむところ!
19-2

19-3

登山口に到着。橋を渡り、ここからいよいよスタートです。
19-4

19-6

登り始め、想像していたより道が狭く、危険な感じ。
数百メートル登ったあたりでもう足が疲れてきました。
山のチョイスをミスったかと頭をよぎりますが、もう遅し。行くしかないのです。
19-7

川沿いの道があるようで無いようであるような道を進みます。
19-8

19-9

19-10

しばらく行くとようやく稲村岩の分岐点に到着。
山頂までの距離の約4分の1くらい??
意外と余裕じゃん、と思えたのもここまで。
19-12

この急斜面。。これが山頂まで続きます。。
平らなところなんて殆ど無し。
19-13

19-14

足が上がらなくなって来たところで、やっとヒルメシクイノタワーの分岐点に到着。
あと、地図によると750m!
19-15

1番手で登頂したのは、20歳の久保田氏。
若さには勝てません。。が、タイムはまずまずの2時間5分。
皆も続々と到着。
19-17

そしてご褒美の、絶景。
すげー!、しか口から出てきませんね。
おにぎりを食べてしばし休憩。
19-19

19-20

そして無事下山して、帰りは安定の風来坊で焼き肉。
ごちそうさまでした。
皆からはキツ過ぎでしょとだいぶ責められましたが、
いや~正直、こんなにきついとは思っていませんでした。すみませんでした。。
19-21

そしてその後、筋肉痛が5日間続くのでした。。