Ultrasone Edition7 SONY QUALIA 010 AKG K1000など レアなヘッドフォンを出品します。

アフロ小久保です。

先日に続き、レアなヘッドフォンを多数入荷しております。

Ultrasone Edition7
復刻ではなくオリジナルです。
黒っぽく見えますが、ブルーのボディにグレーのレザーです。

3

SONY QUALIA 010
格好良いブルーのレザーです。

 

37217

AKG K1000
状態良いです。

IMG_0280

AUDEZE LCD-XC LCD-3
どちらも状態は並です。

IMG_0206

IMG_0239

 

 
今週末に出品予定ですが、オークションでの売り切りも検討しております。
今回もなかなかお目にかかれないスペシャルなヘッドフォンです。
お探しだった方は是非ご参加下さい。

これ以外にも多数ご用意しております。
お見逃しの無い様、宜しくお願いします。

ATH-L3000G・Abyss AB-1266など入荷しています。

アフロ小久保です。

大変珍しいヘッドフォンが入荷しております。

オーディオテクニカ ATH-L3000

65

2色あります。
ATH-L3000Gの方はやや難ありです。

ERGO A.M.T

3

こちらも珍しいです。
上記の3点はオークションのみの販売となります。

Abyss AB-1266

1

111

すごい形です。
こちらはショップサイトにも掲載予定です。

何れもなかなかお目にかかれない非常に珍しいヘッドフォンです。
お探しだった方は是非この機会に如何でしょうか。

葵の旅日記 ② 神戸でサムギョプサル…?

ご無沙汰しております!
アフロオーディオの関根です!

今回は原さんと、関西方面に買取に行きましたヽ(=´▽`=)ノ
まだ春らしさが残っていて、とても気持ちがいい買取でした!

四国地方…に入る前に淡路島に到着!!(人生初)

IMG_20170415_073145 IMG_20170415_073220
海と町並みの織りなす景色が格別でしたー。

 

香川県!!(人生初)

IMG_20170415_144237

勿論うどん(2玉)は食べました!!

「尾後や」さん

IMG_20170415_103708
関東とはまた違って、コシが強く、すごく美味しかったです!!

 

徳島県にも行きましたー。(人生初)

IMG_20170415_150234

名物は食べられませんでした…(TwT。)

 

出張所に到着して長旅に疲れた私達はまず、有名な牛丼を食べに行こうとしました。

「神戸牛丼 広重」さん

DSC_0029 DSC_0028

残念ながら閉まっていましたけど…。
午前と午後とで販売分が決まっているらしく、閉店時間前に売り切れた場合は閉めちゃうらしいです。

どこか美味しそうな所を探していたら、たこ焼き屋さんがありました!!

「たこ焼き 焔」さん

DSC_0033

食べてる画像しかなくてすみません…。

お出汁がきいてて、関東のたこ焼きとはまるで別物でした!!
めっちゃアツアツで美味しかったです!!

 

ここまでご飯というご飯は食べておりません。
そんな中見つけたお店が・・・

サムギョプサル!!

いや言わんとしている事は分かります。
神戸に来てサムギョプサル?って思いますよね。
私も思います。

しかし表に、「1,980円でサムギョプサルは食べ放題!!」の文字が!
行くっきゃないです!!o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー

「シコルチ食堂」さん
生田川公園近くにあります!

早速頼んできたのがこちら

DSC_0037

豪華!!!!!
そしてすっっっっっっごく美味しかったです!!。

分厚いお肉、コチュジャン?と葉野菜、胡麻油と塩コショウ、辛味のあるネギ等と合わせて食べると、もう食べるのが止められない美味しさでした。
そしてビールもキンキンに冷えてて美味しい。

お店の外観だけ見ると入りにくさがありますが、おばちゃんは優しい方なので是非とも行ってみて下さい!!

今回も食べてばっかの出張でしたが、横浜から四国地方まで行くのは、なかなか骨が折れました…。
しかし色んな人と関われて、色んな景色も見れてというのは、
出張の醍醐味でもあります。

それでは皆さん、季節の変わり目ですので、
体調管理に気をつけて下さい。

それではまた~。

春といえば、別れ、そして出会いの季節でもあります。

こんにちは、アフロオーディオ中村です。

寒い冬も終わりを迎え、春の訪れを感じれる時期になってまいりました。

暖かくなって杉の木も元気MAXで胞子を飛ばして、
我々の鼻の粘膜を脅かしております!!!!(泣)

…そしてもう一つ。

春といえば、別れ、そして出会いの季節でもあります。

3月31日でアフロオーディオではお馴染みの、
登倉さんが退社することになりました。

tokura

本当にお疲れ様でした。

いつも明るくスタッフを引っ張ってくれていた、登倉さんと共に働けなくなるのは、本当に寂しいものです。

オーディオのことのみならず、カメラのこと、会社のこと、音楽のこと。
色々なことを教えて頂きました。
本当にありがとうございました。

そして、4月からは新入社員が入社してきます。
まだ詳しいことはお伝えできませんが、
登倉さんにも負けず劣らず、濃い人柄です!!!!

新メンバーも加わるということで、
4月からもフレッシュで爽やかな気持ちで営業していきたいと思っております。

今後とも宜しくお願い致します!!!!

葵の旅日記 ① 山形での温泉と牛乳と牛タン

お久しぶりです!
アフロオーディオ関根です!

今回は東北地方に、2泊3日で買取に行ってきました!

道中の景色がこちら!!

DSC_0650

茨城!

DSC_0657

山形!!

DSC_0724

福島!!

Σ(゜ロ゜)ギョエ———————-!!

吹雪いていて、酷い時は前が見えなくなるぐらいでした…(((((( ;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

ちなみに今回はトラックで向かったのですが、自分は中型免許を持っていないので、同スタッフの中村さんに運転を託しました。

本当にお疲れ様でした!!

そんな疲れを癒やすのにはやっぱりこれ!

DSC_0676

 

山形の「べに花温泉 ひなの湯」に行って参りました!

久々に広いお風呂に入りましたー。牛乳はサイコーの組み合わせです。

ちなみに仙台の方にも行ったのでー…

DSC_0705

牛タンも食べてきましたー!!o(≧▽≦)o

超美味しかったー!!

 

全国回って買取もなかなか骨は折れますが、その点なかなかお目にかかれない品物も多く見れるのは、本当に楽しいものです!

ブログを読んでくださっている皆様方、どんなオーディオやカメラでも随時お見積をしておりますので。気軽にご相談下さい。

ではでは、また~。

 

 

修造の『オーディオの基礎・基本』 ~入門編⑳ 高音質CDの仕様について。SACD Hybrid XRCD SHM-CD HQCD Blu-specCD~

こんにちわ。原修造です。
今回は高音質CDについて、いろいろな仕様や構造があってよくわからないので簡単に纏めてみたいと思います。正直調べてもルビジウムがどうで、カッティングがどうなので、ビットがあれこれでと、ふむふむなるほど、と一瞬思ってしまうのですが、解りませんよね。
なるべく簡潔にまとめます。

【SACD】
普通のCDより多くの音楽情報を記録している。キメが細かい。
SACD対応プレーヤーでないと再生できない。

【Hybrid SACD】
SACDの音と、普通のCDの音の、2つの再生面があって、
SACD対応のプレーヤーでなくても、普通のCDプレーヤーで再生できる。

【XRCD】
録音時のオリジナル原盤から、製作過程、機械を徹底的にこだわって作られている。
SACDとは違い特別なフォーマットではない。普通のCDと同じ。

【SHM-CD】
普通のCDより透明度の高い良い素材を使っている。
読み取りのエラーや、プレーヤーの経年劣化の影響を受けにくい。
高音質に作られているという訳ではない。

【HQCD】
SHM-CDと同じ素材を使い、更に反射膜をピカピカにしてしてある。

【Blu-Spec CD】
SHM-CDと同じ素材を使い、より正確な機械で書き込みしてある。

という訳で、更にまとめると、
SACDは情報量が多い特別CD。
XRCDは作る工程にこだわっている。
その他は、より良い素材を使って作られている。
ちょっと乱暴でしたでしょうか。(汗)

ただ、ソフトの差よりやっぱりプレーヤーの能力の差の方が大きいと思われます。
そして高音質CDといっても、録音がされている元のマスターテープの状態によっても音質が左右されるので、全然良くないじゃん!という物も中にはありますね。

SACD モーツァルト レクイエム アヴェ・ヴェルム・コルプス
muti

XRCD 美しく青きドナウ~ウィンナ・ワルツ名曲集
lienna

JBL LE8T (SANSUI SP-LE8T) エッジ交換!

原修造です。JBL LE8T が入荷しました。
フルレンジを代表する銘器ですね。
しかし、こちらは経年によりエッジがボロボロになっております。
そんな訳で今回はエッジ交換作業を致します。

DSC_1515

難しそうと思っているあなた!やってみて下さい。実は簡単なんです。
修理屋さんにお願いするよりも自分で交換したほうが愛着が湧くのではないでしょうか。
是非お持ちのスピーカーのエッジが劣化してしまったら、挑戦してみて頂きたいです。

交換エッジはネットで検索するといくつか販売店が出てきます。
今回購入したのはノースウエストトレーディングさんです。
接着剤や説明書と一式全てセットになっているので大変親切です。

まずは内側のゴムのリングを取り外し、ボロボロになったエッジをカッターでそいでいきます。

DSC_1519

そしてこびり付いたボンドの後と、コーンの裏についた古いエッジも慎重に削いでいきます。
アフロでは小型の彫刻刀を使います。カッターでもよいですが誤ってコーンをスパッといってしまったら怖いですからね。
デコボコしているところがあったら、ヤスリでこすってあげるのも良いです。

3

きれいにできたらボンドをつけすぎず、薄すぎず、筆で伸ばして塗っていきます。
そしてちょうど真ん中にくるように載せ、筆の反対側などで押し、接着していきます。
ここでセンターにしっかり決めないとボイスコイルタッチなどの原因になってしまうので、
焦らずゆっくりセンターを決めます。
そして裏のコーン側にもボンドを塗り接着、そして最後にゴムリングを取り付け、

4

完成しました~。

DSC_0019

エンクロージャーはサンスイ、SP-LE8Tです。
バスレフがあるので低音は損なわず、ストレートでダイナミック、明朗快活な音ですね。
アナログな音が合いますが、現代ソースでもブレない良い鳴りをします。
やっぱフルレンジだなーなんて、音を聴くといつも思ってしまいます。

外装はちょっと傷がありますが、販売してます!
SANSUI SP-LE8T エッジ交換済み

SANSUI SP-LE8T

毎年最後にやる事といえば…

お久しぶりです。
アフロオーディオの関根です。

本日は店舗がお休みです。
そんな中、何をしていたかというと、大・掃・除です!
…いたって普通の事をしていました…。

しかし大掃除という事は、店舗だけでなく、作業ブースや事務所等も清掃しなければなりません。
もうね…広くて広くて…終わる気がしなかったですよ…。

もちろん29日の1日のみで全てを終わらす訳なので、
スタッフ内で作業分担させて大掃除に取り掛かりました!

私は店舗内を清掃したんですが、ざっくりどんな事をしたかといいますと

DSC_0319

まず機材の上の埃を落として~♪
(画像に写っているB&W Nautilus 801のようなピアノ塗装の製品の場合は、ボンボンを振って風で落とします。)

DSC_0321

掃除機で吸って~♪

DSC_0325

モップで拭く!
こんな感じで地面より上にある埃やゴミを全部落としてって感じでやっていきました!

DSC_0305

モップ用の水は最初はこんな感じですが、数回洗うと……

DSC_0329

……えっ、墨汁でも入れたのかな?

ってぐらいの濁り具合に…
でもその分綺麗にした達成感がありますね!

この調子で清掃を進めて、なんとか全箇所の清掃は終わりました。

これにて今年のアフロの業務は終了となりました。
来年は、職場環境が整えられた気持ち良い状態で、より沢山のお仕事を頂けるよう、精進致します。

それでは皆さん、よいお年を!

初めての納品
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル B&W 801D

こんにちは!!
アフロオーディオ中村です!!

2016年も残りあと僅かとなりました。
今年は私、中村はアフロオーディオに7月に入社して、
色々な経験や勉強をさせていただきました。
接客業の経験の無い私にとっては、全てが新鮮で、
本当に発見ばかりの毎日でした。

色々なお仕事をさせていただいた中でも、
お客様の一番の喜びを感じれるのは、
出張買取に行った際にのみ可能な、
ご購入いただいた商品の納品になります。

数ヶ月前までは研修をしていた私も、
今では一人で出張に行けるようになりました。
本当に皆様には感謝しております。

つい先日、私が初めて納品を担当させていただきました。
運び入れるスピーカーはB&W 801Dでなんと118Kg!!

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

お客様のご自宅はマンションで階段もありましたが、

ギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!

先輩の小久保さんと、なんとか無事搬入することが出来ました。

イョ━━━━ヽ(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ノ━━━━!!

結線後、お客様の確認の為、音出し確認するのですが、
「今まで聴こえてこなかった楽器が聴こえてきますね」と、
お喜びになっておられました。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

お客様からその言葉が聞けて本当に心の底から「ほっ」としました。

来年も、このようなお言葉がお客様からたくさん聞けるよう、
ガンガン出張に行ければと思っております!!

それでは、良いお年をっ!!!!
ノシ

IMG_0126

Rogers LS3/5a Pro

こんばんわ。原修造です。

Rogers LS3/5a 
1970年台登場。イギリス国営放送BBCのモニタースピーカー。
オーディオ界の伝説的スピーカーの一つ。
LS3/5aというC-3POみたいな機械的な名前は規格名で、Rodgers、KEF、Spendor、Harbethなどのメーカーから販売され、最も人気を集めたのがRogers製でした。

このスピーカーに初めて出会ったのは何年前でしょうか。
オリジナル15Ω初期の音を初めて聞いたときの記憶は今も鮮明に覚えています。とてもその小さなサイズからは想像も出来ないリアルで豊かな音でした。
あの時の記憶は、もしかしたら単なる思い込みで、記憶の中で美化されていってしまったのかもしれないな~なんて思っていた矢先、また出会う事が出来ました。その音に。

こちらはプロモデルのブラック塗装、キャノンコネクタ仕様。
が、我が家にやって来ました!
実は社員割引の破格で購入させて頂きました。値段じゃないのですけどね。
アフロにはオーディオ好きにはたまらない社販制度があるのです。
社長の粋な計らいに心から感謝したいです。

ls35a

壁からしっかり離して、頑丈なスタンドにのせ、ややニアフィールドで輪郭をはっきりさせていく方向でセッティングするのが、広い空間音も表現できると思われる。
でも、うちは狭いので壁際に置くしか今は方法がないので、どうしても低いところの音がボヤけ、定位が安定せず、細かい音が星のように光ってくれない。
そしてやっぱりアンプ。想像以上にダイレクトにアンプのポテンシャルに左右される。現在使用しているアンプではまるで駄目で、やっぱり球でないと目指している音にはならなそうです。でもあくまでいわゆる球って感じの音にはしたくなく、生楽器の演奏だけでなく、エレクトロニカやミニマルなんかも好んで聞くので、イメージしているのはまさにあのプリとあのパワー。しかしそのアンプは高価なのでとてもとても手が出そうにない。どうするべきか。安物買いの銭失いの後悔は今までの人生で嫌という程学んできたので、比較的手の出る価格の、これだ!っていうものが出てくるまで、それも楽しみの一つにしようと思います。

さてさて今後も試行錯誤という楽しみの中にハマって行きそうです。ワクワク。