オーディオアクセサリー 雑誌取材! PIEGA TC30X を納品 下取りは ELAC FS247 

こんばんは。アフロのニノミヤです。
先日、都内I様宅でオーディオ雑誌「オーディオアクセサリー」の
取材が行われ、その現場へ同行いたしました。

ご購入いただいた PIEGA TC30X を納品し、
ELAC FS247 を下取りさせていただきました。

1
写真左がご購入いただいたスピーカー「PIEGA TC30X」

Mcintoshなど、I様こだわりのオーディオ機器を囲み、
色々とお話を伺いました。
お持ちのCDはかなりの数にのぼります。
2

買取させて頂いた「ELAC FS247」
こちらも良い音で鳴っています!
3

詳しくは、次号オーディオアクセサリーに掲載される予定です。
ぜひご覧ください。

I様、この度取材にご協力いただきまして、
ありがとうございました!

限定品 LUXMAN LX38 ULTIMATE と スペア真空管セット TU38U 入荷!!

こんにちわ。原修造です。
とても希少な製品が入荷しました!

LUXMANが誇る真空管アンプ、38シリーズの最終モデル。
上原晋氏設計による最高傑作とも言われる、
当時限定200台のみ発売された、LX38 ULTIMATEです。

前オーナー様が非常に大事に使われおりましたので、
非常に綺麗な状態、ピカピカです。
状態を考慮すると、ホントに希少な1台かと思われます。
とても魅惑的な音。。
出来れば販売せず、アフロにずっと置いておきたい製品ですね。。

25-1

そしてそして、もう一つご紹介したい製品がこちら。
LX38 ULTIMATE用のスペア真空管セット、TU38U!!
もう希少過ぎてインターネットで調べても全然情報が出てこないですよ。
しかも開封はされておりますが、未使用品!

25-2

こちらのアンプ、一生物として考えておられる方も多いのではないでしょうか。
いや~ホントに自分が欲しいです。w
近日販売開始致します。
お探しだった方、お見逃しなく!

他にも素晴らしい音の製品が続々と入荷しております。
店舗に来られたら、ショップサイトでの販売前にこういった製品に出会えるかも知れませんよ。お待ちしております~。

Lightning 9月号 7/30発売!!Life with Audio特集内でアフロオーディオが紹介されました。

小笠原です。

先月取材レポートブログを投稿させて頂きましたが、
見本誌届きました。

一般発売は7月30日です。

今回はかなり楽しみにしていたので、
じっくり読みたいと思います。

S__6709260

9月号の特集は、
キャンピングカー特集とオーディオ特集

S__6709261

一番最後にオーディオ特集があります。

S__6709262

アフロオーディオのページは後ろから捲ると、
すぐに見つかります。

是非見てみて下さい。

初めての担当商品、DENON DA-300USB D/Aコンバーター

こんにちは、アフロのウエダです。
前回は、同期の久保田との合作でしたが、
今回初めて1人で書かせてもらっています!

今回初めて仕入れを担当した商品が、
DENON DA-300USB D/Aコンバーター @25121です!IMG_5735

小さいながらも大迫力の音を出してくれるすごいやつです笑
外装面もかなり綺麗で、中古とは思えないくらいです!

今回は先輩に教わりながらも、一から担当した商品です。
初めて続きで緊張しましたが、なんとかお店に並べることが出来ました。

IMG_2938

ショップサイトでも、もう載っているのでぜひご覧ください!

アフロオーディオ酒井が行く、奈良のオーディオのある店~焼酎共和国~

こんばんは、アフロ酒井です。

僕は奈良県の出身なのですが、この前帰省した際に、
おもしろいお店を見つけましたので、紹介させて頂きたいと思います。

SHOT BAR 焼酎共和国

20150726_7951
名前の通り、焼酎がたくさん置いてあり、120種類もあるとか!
しかも90分飲み放題で、1200円という超お得なコースもあります。

まぁ、焼酎がたくさん並んでいるのも良いですが、
オーディオ屋らしくオーディオを紹介しないといけませんね(笑)

そう、この店オーディオにもこだわりがあるのです。

20150726_6140
20150726_6473
AccuphaseのプリにMcintoshのアンプ、JBLのスピーカーという構成で、
最初、Accuphaseをプリに持って来ている所が、異色な感じがしたんですが、
音を聞いてびっくっりしました。

普通に鳴らすと暴れ馬な印象の、JBL4311Bが、低域はしっかりと制動されつつも、
量感が有り、高域はやや優等生な鳴り方ではありますが、非常に聴きやすい、
スピード感のある、軽やかな音を奏でていました。

JBLといえば、プリもパワーもマッキン!というのが定石ですが、
プリに優等生のAccuphaseをかませるのが上手く効いています。
こういう組み合わせも有りなんだなぁ、と染み染みと感じました。

しかもよく見ると、カセットデッキはNAKAMICHIのDRAGONです。
店主さんが通なのがよくわかります!20150726_6135

王道のパターンを追うのが一番失敗は少ないですが、
オーディオの組み合わせは無限大で、色々と探求するのも、
楽しみ方のひとつです。

これを機に、酒井も色々と組み合わせを実験してみたいと思います。
皆さんも、王道パターンにとらわれずに、色々と実験してみてください。

そして自分だけのパターンを見つけたら、こっそりとアフロオーディオまで、
教えてに来て下さいね!それでは、今回はこの辺で!

初入荷情報!!MICRO RX-5000 AIR!!エアーフローティングバキュームプレイヤー

小笠原です。

先月もMICROネタを投稿致しましたが、
入荷してきましたので、また投稿させて頂きます。

初入荷となります。
MICRO RX-5000 AIRです。

1

この個体はRX-5000にエアーフローティング機構を、
アップグレードで載せて完成させたプレイヤーです。

2

ロゴプレートも専用の物に変わります。

3

バキュームゴムもしっかり吸着してくれました。

4

ポンプユニットは追加になります。

5

RY-5500の背面はこんな感じに改造され、
フロントにはバキュームコントロールつまみが付きます。

6

チューブ接続図。

7

いつもの事ですが、
ポンプ内のチューブはボロボロで、
ひとまず水槽用エアーチューブを代用して動作確認をしました。

SFベルトもかなり劣化してるので、
注文して、プラッターを磨いてなどと思うのですが、
ちょっとモーターから心配な音が・・・

プーリーの調整などを今一度見直して、
物理的な干渉音なのかを検証中です。

少し販売までは時間が掛かってしまうかも知れませんが、
もう少々お待ちください。

アフロ・レクリエーション ~サバイバルから夢の国まで~

新人の久保田です。
7/9日にまたまたレクリエーションを企画させていただきました。
今回はサバゲーです!!
サバゲーというのは、サバイバルゲームの略で専用のフィールドを貸しきって、エアーガンで戦う
遊びです。少し物騒ですね、、、

梅雨なので今回は千葉県の室内フィールドに行きました。

現地に到着し、10時に準備開始です。
装備は全てレンタルで借りられました。
各自着替え、こんな感じです笑IMG_5676同期の上田くんです。

お姉さんから注意事項やエアーガンの説明を受け
いざフィールドへ!

IMG_5667 IMG_5664 IMG_5670 IMG_5662 IMG_5661
すごい凝ってます!

ゲームは相手のフラッグを取るフラッグ戦、相手に撃たれないようにカウンターをカチカチするカチカチ戦などいろいろあり、
1ゲーム5分でゲームの間に2分くらいのインターバルを入れてひたすらいろいろなゲームをやりました。

エアーガンといっても近くから当たると普通に痛いです、、、
正直舐めてました、、、

全く飽きること無くほぼノンストップで15時までゲームをやり続けいい汗をかきました。

初サバゲー楽しかったです!
でも戦争は絶対反対です。

最後に撮った集合写真とゲームの進行をして頂いたお姉さんと撮った写真です。
IMG_5671 IMG_5685

しかしこれで終わらないのがアフロオーディオ、
続いて向かったのはなんと夢の国!
IMG_5681

この日は平日に加え雨が降っていたのでかなり空いていました。
スペー○マウンテンがやっていなかったのは残念でしたが満喫しました!
最後は焼き肉を奢って頂き最高の締めでした。
食べてる最中は夢中で写真を撮り忘れてしまいましたが美味しかったです!

IMG_5684

次回も楽しみです!

 

 

 

修造の『オーディオの基礎・基本』
~入門編⑫ バランス、アンバランスについて~

原修造です。
今回は、バランス、アンバランスについて簡単に書きたいと思います。
アンプやプレーヤーの入出力端子に、バランス、XLR(キャノン)と、アンバランス、RCA(ピン)の2種類ある機器も多いと思いますが、何故2種類ついているのか、その違いは電送方法の違いにあります。

どちらで接続する方が音がいいのですか?
という質問がよくありますが、音の良し悪しはどんなケーブルかによってくるのと、好みの話になってきますのでお答えするのが難しいのですが、バランスはノイズに強いという事は言えるかと思います。

24-1

■ バランス、XLR(キャノン)端子は、『グラウンド、ホット、コールド』の3つの種類の信号を電送します。
ノイズに強い理由は、すごく簡単に言いますと、外部からノイズが入った時に、ホットとコールド、プラスとマイナスですから、足すと打ち消しあいノイズが軽減されます。
ヘッドフォンのノイズキャンセリングなどもこの原理を利用しております。

元々XLRのケーブルはプロ用(業務用)として使われ、例えばコンサートの舞台で10mも20mもケーブルを這わす必要がある際に、照明であったり舞台装置の電気ノイズを拾ってしまうのでその対策として、また、XLRのコネクターが丈夫で強く抜けにくく、端子にオス・メスがあり延長でき、誤接続を防ぐ等の理由から使われております。

ちなみに3つのピンの内、1番グラウンド、2番ホット、3番コールドと1992年に国際標準の規格化がされましたが、年代によって、メーカーや製品によって2番と3番が逆になっている物もありますので注意が必要です。2番ホット同士や3番ホット同士の接続では問題ありませんが、2番ホットの機器と3番ホットの機器を繋いでしまうと逆相になってしまって、モヤっと気持ちの悪い音になってしまうので注意が必要ですね。

24-2

■ アンバランス、RCA(ピン)端子は、ホットとグラウンド(コールド)の2種類の信号をやりとりする方法です。
グラウンドをコールドとしても併用しています。
その為ノイズには弱いのですが、自宅では数mの距離ですので、アンバランスでもそれほどノイズの影響は受けないかと思われます。
また、バランスに比べ構造が単純ではあるので安価で済むとも言えますね。
それから、RCAの方が沢山のメーカーから沢山の種類のケーブルが販売させれておりますので、より好みの音に近づけやすいという事も言えるかと思います。

24-3

という事ですので、「XLR端子の方がプロ仕様なので、オーディオとしてもより高級仕様で音質的に良いのだろう』、とイメージで考えてしまいがちですが、実はそうではないのですね。

それから1つ知っておきたいのが、オーディオ機器の内部はアンバランスを前提とした構造で、プロ仕様のXRLも付けれるよ、という後付のただ単に端子の形状を変換させているだけの物も多く、むしろその変換回路を通る為に音質が劣化する場合もあるので注意が必要です。
ポイントはXLR端子が付いているかではなく、XLR回路が付いているかですね。

アフロオーディオでは、ケーブルの試聴も全品可能です。
是非ご来店下さいませ~。

珍しいスピーカー Great Plains AudioのBaシリーズ 入荷!

こんばんは。アフロのニノミヤです。

GPA-1

Great Plains Audio
みなさんご存知でしょうか。
アメリカのオクラフォマ州にある
スピーカ・ユニットの製造会社です。

Great Plains Audioが製造するほとんどが、
過去にALTEC LANSING社が開発したも商品の復刻が
メインとなっているようです。

GPA-2

今回入荷したドライバー 『MODEL 902-8A』
ウーファーは『MODEL 515-8G』

GPA-3

Balladシリーズのエンクロージャーにおさまった
Great Plains Audioのスピーカー、
カッコいいです!

GPA-4

まだあまりなじみが馴染みがないかもしれませんが、
今後目にする機会が増えるかもしれませんね。

DJ,DTM機器やRolandのAIRAシリーズ等、入荷しました!!

こんにちは、アフロトクラです。

DJ用ミキサーやCDJ、サンプラーやリズムマシンなどの機材が多数入荷しております。
名称未設定 1IMG_8504

IMG_8550IMG_8552IMG_8553IMG_8557

いいですね~興奮してしまいますネ!

中でも今回の注目は、ROLAND AIRAシリーズ。3
4ROLAND AIRA TR-8

もはや伝説と化しているROLANDのアナログリズムマシンTR-808(通称”やおや”)とTR-909の2台を、現代風にリメイクして集約した1台です。

TR-808 TR-808TR-909TR-909
1
2

ROLAND AIRA TB-3
こちらも同じく伝説になっているROLANDのアナログベースシンセサイザーTB-303の現代版です。

TB-303TB-303

TR-808,TR-909,TB-303のオリジナルはいずれも、
中古市場で20万円~30万円程で取引きされています。
ちなみに10年~15年程前は12~15万円程でしたので、
無理してでも買っておけばよかったと、ちょっと後悔してしまいます。。

これらの機器が存在していなかったら、テクノ・ハウスミュージックの歴史は変わっていたと言っても過言ではありません。クラブミュージックのクリエイターにとっては永遠の憧れのマシンですね。

TB-303の音と言えば、やっぱりアシッドハウスでしょう。
二昔前位になってしまいますが、かつて一斉を風靡したアシッドハウスの代名詞、HARD FLOORの名曲「Lost In The Silverbox」。

5 6

ROLAND AIRA SYSTEM-1
自分は存じていなかったのですが、これまた伝説的なモジュラーシンセ、
SYSTEM-700、SYSTEM-100/100Mの設計思想を受け継いだシンセサイザー。
ちょっと触ってみましたが、昔のモジュラーシンセとは違い、
直観的な音作りが可能で、初心者にとっても非常に使い易いシンセだと思います。

上記のようなオーディオ以外の楽器類も、
随時取り扱っていますので、当店のサイトをぜひチェックしてみて下さい!

http://afroaudio.jp/products/list.php?category_id=10