え?MARK LEVINSON。斬新なDJ Boothとガラスでできたレコード収納棚。

また小笠原です。

前投稿同様にまだお店の全貌は明らかにできないのですが、
自分がオーディオプランを担当させて頂いた、
来月オープン予定のレストランに完成した、DJ Boothの一部を紹介致します。

S__4300809

機材設置前のDJ Boothです。
機材を置くスペースは3.7mの横幅があります。

機材を乗せる部分は床下から、コンクリートを打って、
フローリングと縁を切る形で少しずつ隙間がある構造になっています。

S__4300811

背面は鏡面仕上げでスタイリッシュにまとまっています。

S__4300810

今回のお店では主にレコードをBGMとして流したいとの事で、
レコードラックを設置することになりました。その材質はなんとガラス!!
3000枚近く収納できます。

変な反射が起こらない事を祈りながら・・・
音出しチェックを進め、このラックは音質には、
影響していないという結論に至りました。

S__4300814

最後の写真は設置中の画像のチラ見せです(笑)

音にこだわったお店というのは、
内装や家具の材質にもかなり気を配る必要があります。

お客さんが入った状態で音を聞かなければ、
良い音なのか、悪い音なのかという判断すらできません。

容赦なく難題を突き付けてくる、
お店という環境ですが、良い音に仕上げたい気持ちでは、
誰にも負けないつもりで仕事をしております。

飲食店などに設置するオーディオでお困りの事があれば、
是非ご相談ください。

Lab.gruppen Lake LM 26とrational acoustics Smaartによるチューニングに挑戦。

広島弁に慣れた小笠原です。

今回はオーディオプランのお仕事で、
導入させていただいたLab Gruppenから出ているLAKE LM26を
紹介したいと思います。

お店全体の報告はもうちょっと待ってください。

まだオープン前なので・・・

1

外観ですが、家庭用機種には無い、無機質なカッコよさです。
たった1Uしかない機材ですが、とんでもない能力を秘めています。

2

こいつは何者かといいますと、
スピーカーマネジメントシステムと言いまして、
ピュアオーディオ界ではあまり聞きなれない機械です。

スピーカーをマルチシステムで組んでいる人には、
色々な機能がついたチャンネルディバイダーと言えば、
ご理解いただけるかと思います。

2in6outで3wayステレオマルチシステムをコントロールできます。
デジタルなら4in8outまでいけちゃいますよー。

無題

その色々な機能としてご紹介すべきは、
まずこのLake Controllerというソフトでしょう。

LM26は基本的に本体のボタンを触る必要が無く、
すべての機能をこのControllerから行います。

Wi-fi環境を設定し、PCを移動して、
無線でPCから操作が可能です。

空間の中心で音を聞きながら、
調整が可能になるわけですね。

まさにとんでもねー機械です。

3

片方のPCでSMAARTという測定ソフトを起動し、
複数のポジションでF特のデータを収集して、
その空間に適したイコライジングをしていきます。

イコライザーやディレイを使ったタイムアライメント調整も、
すべてLAKEでできます。

イコライジングもPCのタッチパネルを利用して、
タッチペン一つでほぼ操作できます。

本当にすごい。

機械の耳である程度の音作りをして、
そこからは僕の耳の実力テストです。

50曲は聞き比べましたね。

4

ミラーボールに眠気を誘われながらシコシコと調整、
弄っては曲を聴いて良くなったのか、悪くなったのかを判断するという、ものすごく地味な作業です。

ここで皆さんが気になるであろう、
この機材を噛ませた時の音質ですが、
LAKE LM 26は元出ていた音をほとんど邪魔しません。

多少キャラは出ますが、許容範囲だと僕は思います。

一般家庭のシステムに組み込んでも、
納得の調整ができるのではないかと僕は思っています。

自分だけの良い音を探している人は、
個人使用でこんな機材も良いのでは無いでしょうか。

自分が良いと思えばそれが良い音の答えです。
頭を柔らかく、色んな事を試して、
皆様に一つでも多くの方法をご紹介できればと思います。

カメラレンズ 「Nikon AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VRⅡ」入荷 アフロのカメラ出張買取!!

少し重量のあるカメラやレンズ、
「売りたいけどお店に持って行くのがたいへん…」
そんな時は、アフロオーディオの出張買取をご利用下さい!
お手軽にお売りいただけます。

今回、出張で買取させていただいたのは、ニコンのレンズ、
「 Nikon AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VRⅡ 」です。

IMG_5353

IMG_5332

高いブレ軽減効果を発揮するVR機構を搭載した、
重厚感のあるズッシリとしたレンズです。

『Nikon 製品ページ』

キズ、汚れはほとんど見られません。
とてもキレイな状態ですよ!

レンズソフトケース CL-11 も付いています。
IMG_5338

アフロオーディオのカメラ買取は、
カメラを売ってポイントがもらえたり、出張での買取りなど、
いいことがいっぱい!!!
『 アフロのカメラ買取 』
 ↑
詳しくはホームページをご覧ください。

カメラ・レンズの売却をお考えの方、
まずはアフロオーディオへご連絡ください!

B&Wの800 series Diamondが勢揃いしております。

こんにちは、AFROAUDIOのトクラです。

気が付けば試聴室のB&Wコーナーに800シリーズDiamondが揃いぶみ。
中古専門の当店としてはここまで揃うのも珍しいので、ご紹介したいと思います。

まずは800シリーズDiamondの最高峰、
800Diamond(左)と、800D(右)。音も見た目もド迫力です。
IMG_6150 IMG_6167

そして先週入荷したばかりの802Diamond。
当店に入って来るのはローズナットカラーの物が多いのですが、
今回は珍しくブラックが入荷しました。
黒い802、渋くてカッコイイんですよね。
IMG_6183 IMG_6194

チェリーウッドの803Diamond
IMG_6209 IMG_6199

804Diamondブラック。
IMG_6212 IMG_6228

以上がB&Wコーナーにズラリ勢ぞろいしています。
IMG_6238
・・・まるで巨大ひな人形のような佇まいで、まさにひな壇。。
そういえばもうすぐひな祭りなんですね、まぁ独身貴族の自分には無縁なお祭りですけれども。。

スペース的にB&Wコーナーには並べきれず、別のコーナーに設置されている少し変わり種?な805 Maserati Edition
名前にはDiamondと入ってませんが、
こちらもダイヤモンドトゥイーターを装備した、800シリーズDiamondの一員です。
IMG_6140
IMG_613222 IMG_6139

そして最後は805 Signatureと、800シリーズではありませんが根強い人気を誇るPM1です。
IMG_6301 IMG_6335

Signature 805もどちらかといえばタイガーアイをよく見かけますが、
写真では伝わりにくい、このレッドバーズアイの何とも言い難い絶妙な赤色がとてもカッコイイです。
IMG_6339

現代スピーカーの頂点に君臨するBowers & Wilkinsの800 series Diamond。
聴き比べるなら今がチャンスです。
試聴のご予約、お待ちしております♪
それではまた。

修造の『オーディオの基礎・基本』
~入門編⑦ インシュレーター、振動の防止について~

原修造です。
今回はオーディオ機器の敵、振動の防止について書きたいと思います。
スピーカーはそれ本体が、箱自体も振動して音を出していますので、床や棚に直接置いてしまうと、その振動が部屋そのものに伝わってしまい、反対側のスピーカーに伝わったり戻ったりする事によって音が混じり、全体的に解像度の低いボヤケた音になってしまうことがあります。
それを防止する為の物が、インシュレーターです。

インシュレーターは、ケーブル以上に素材やメーカーの音作りの個性が出やすい物ともされており、サイコロやスパイク型など形状も様々で、その効果や実際の音にも大きく影響が出ると言われます。
木・金属・ゴム製などの沢山の物がありますが、傾向として硬い材質のインシュレーターを使うと高域よりの音質に、柔らかい材質は反対に低音よりの音質になると言われております。
その素材の感触が音の変化する方向と似ていると言えるかもしれません。
とはいっても高価な物が沢山販売されておりますが、実際にどの程度効果があるかは実感次第になりますね。思っている音にならず逆効果になってしまう事もあるでしょう。
まずは安価な物で問題ないと思います。
ただ、床に直置きとインシュレーターを挟んだ場合の音質の差は、歴然である事ははっきり言えるかと思います。
直接置いている方は是非試してみて下さい。

WIND BELL WB-30
15-1

ブックシェルフ型などの小型のスピーカーは、本棚や机、サイドボードに置くことは避け、スタンドを使うことをお勧め致します。家具によっては見た目よりも軽く中身の密度の低い物も多く、振動が悪影響になる場合があります。出来ればしっかりとした重量のあるスタンドを使う方が良いでしょう。

WAKATSUKI ST-100W
15-2

それから、実際に振動しているスピーカーに比べ、プレーヤーは振動は関係無いでしょ?と思いがちですが、実はより繊細で振動の影響を受けやすいとも言えます。
例えが良いかどうかわかりませんが、写真に例えると、音の振動がある中ではピントが合わずブレてしまいます。
CDプレーヤーにも電源や回転部などの振動しているところがあり、微弱な信号を扱っているので、不要な振動がある中では音がボヤけて本来の性能を発揮出来ない可能性があります。
レコードプレーヤーは振動音を拾い、それが増幅されてスピーカーから出て、その音をまた拾いボ~っという音が鳴り、ハウリングを起こしてしまう事があります。
インシュレーターを使ったり、またしっかりとしたオーディオラックを使うことが音質の為だけで無く、トラブル防止にもなるかと思います。

Solid Steel 5.5
15-3

少し初心者にとっては、振動だなんだと言われてもよくわからない話かも知れませんね。
ただ音はクリアになったり、優しい音になったり、パワフルになったり、変化がありますので、これがオーディオの面白いところでもあり、マニアックな側面でもありますね。
ただ最初から高価なアクセサリーを買わなくても、ホームセンターで購入した手作りの物や、アイデア次第でいろいろと試せますので、是非音の変化を楽しんで頂けたらと思います。

出張買取5号車、海を渡る。JBL創立50周年記念モデル JBL CENTURY GOLD 入荷!

原修造です。
すみません、大げさなタイトルをつけてしまいました。
海を渡ると言っても国内です。w
青森港からフェリーに乗り、北海道函館港へ。
そして札幌へ走り苫小牧へ下り、またフェリーにのり仙台へ。
移動距離2000km超!
下の写真は苫小牧から仙台港への到着間際の様子です。

14-1

そんな中たくさん買取のご依頼を頂きましたが、
C様宅で買取させて頂いた、JBL CENTURY GOLDをご紹介したいと思います。

金色という物は扱いの難しい物と思っております。
非常に綺羅びやかな色ではありますが、
服や身に付ける物でも扱いを間違うと、一転下品になってしまう事もあるかと思います。
ところがこちら、動作チェックの為に一時的に置かせて頂きましたが、部屋に溶け込み、あまりにも自然です。美しい。。
許可を頂き写真を取らせて頂きました。
御住職様が大事に使われていたのもあり、目立つ傷なども無くピッカピカです。

14-2

音は中高音に伸びがあり、音量を突っ込むと少々低音が暴れる印象でしょうか。
しっかりした台を使えばドシッと落ち着きますね。
いい音です。
賛否両論ありますが、バイアンプにも切り替え可能なこのスピーカー、ルックスもそうですが、使い方次第なところがあるでしょうか。
是非是非、お客さまの耳で頂き聴いてみて頂きたいスピーカーの1つです。

ご来店お待ちしております。

プロから教わる!アフロオーディオ・ビリヤードレッスン  女性ハスラー初参加、その腕前は…

こんばん!アフロのニノミヤです。
プロの先生が直接教えてくれる、アフロオーディオ・ビリヤードレッスン!
本当に分かりやすく楽しい、ビリヤード上達への近道レッスンです。

今回は、なんとアフロ所属の女性ハスラーが初参加!
普段、アフロオーディオではパートとして勤務。
梱包作業やオーディオ機器やカメラの清掃、商品撮影の補助などを行い活躍しています。

そんな彼女ですが、ビリヤード経験者というだけあって、その腕前は...ビリヤード_女性ハスラー

構えをご覧いただいてお分かりの通り、かなりの上級レベルです!
私が評するのもいささか恐縮ですが、的球と手球を確認してから、
構えに入るまでの一連の動作がスムーズ!
撞き慣れている雰囲気が漂っていました。

さて、今回のレッスン内容は、予め置かれた複数個の的球を
順番に近くのポケットに沈めていくというもの。

これまでに習った、フォローショット(押し球)やドローショット(引き球)を
状況に応じて使いながら沈めていきます。
おかしなところがあると、都度先生が指摘して頂けるので、実になります。
狙い通りにいくとホントに爽快ですね!

20150218ビリヤード練習[2]

私は的球が3個でしたが、社長や女性ハスラーは4個、5個で練習していました。        アフロオーディオのレッスンはレベルが高いですよ!私以外は...

レッスンを受けていつも二つの事を感じます。
それは、何事にも共通すると思いますが、「基本」と「集中力」の重要さです。
そんな学びの多いアフロオーディオ・ビリヤードレッスン。 次回も楽しみです。

国産スピーカー DIATONE DS-A1を長野県より仕入れて参りました。

アフロオーディオトクラです。

今週、大先輩の小久保さんに同行して頂き、
長野県のお客様のお宅へ買取に伺いました。

↓写真はサービスエリアから見る真冬の諏訪湖です。
IMG_5960
あいにくの空模様で見るからに寒そうですが、
この日は意外と気温が高かったのか、思っていたより寒くはありませんでした。(^^)

さて本題ですが、今回は日本が世界に誇るメーカーDIATONEの、
DS-A1というスピーカーを仕入れて参りました。
2IMG_6044

これまた最近の市場では出回る数は多くないかも知れません、
自分も実物を見るのは初めてです。

絶妙なレトロ感がちょっとお洒落かも?
定番のDS-1000やDS-2000とは随分ルックスが異なりますね。
スリムな印象ですが、重量は40kgと意外とあります。
1

天板の角が丸く落とされた形状になっていますが、これはショルダーラウンド構造と言って、
弦楽器の音響の豊さに着目し、採用された構造との事です。

ユニット構成は、他のDSシリーズは3WAYが多いのに対し、
DS-A1は2WAY仕様となっています。
IMG_6027
トゥイーターのネットによく見られがちなヘコミも、
今回の物には見られません。

IMG_6040
ウーファーのエッジも、DIATONEのスピーカーの場合、
経年からどうしてもカチカチにカタくなってしまっている物が多いですが、
今回入荷した物はまだ弾力が残っており、
低音も十分に出ています。

こちらのスピーカーは近々店頭に並ぶ予定ですので、
DIATONEファンの方も、そうでない方も、
楽しみにお待ち頂ければと思います。

試聴予約もお待ちしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい♪

アフロオーディオHP:http://shopafroaudio.com/
試聴のご予約→http://shopafroaudio.com/contact/
アクセスマップ→http://shopafroaudio.com/access/

それではまた!

アフロオーディオの楽器買取を紹介

こんばんは、アフロオーディオの酒井です。

今回アフロオーディオの楽器買取についてご紹介致します。

アフロオーディオでは全国から新品・中古等の状態を問わず、
様々な楽器・音響機器の買取を行っています。

特に『ギター、ベース、鍵盤楽器、アンプ、エフェクター、レコーディング・PA機器、DJ機器、業務機器』の買取に強いのが特徴です。

写真 3 (3)
写真に写っている物全てが在庫です。
写真 2 (6)
画像の緑色のアンプのように、自作の真空管アンプの取扱も出来ますよ。


また、スタッフ全員、音楽好きばかりで楽器も好きなスタッフが多いんです。
レコーディングスタジオ、ライブハウス、クラブで働いた事がある、
スタッフもいますので、業務用の機器もお任せ下さい!
写真 2 (5)
業者様も秘密厳守で買取します。
1日3000万円まで、即金でOKです!

以上、アフロオーディオの楽器買取についてでした。
皆様のご来店お待ちしております♪

SIEMENS Coaxialを使用した平面バッフルスピーカー Baden 101が入荷しました。

どうも、アフロオーディオトクラです。
ちょっとレアなスピーカーが入荷しましたので、
ご紹介させて頂きます。

ドイツのメーカーであるSIEMENSの25cmコアキシャル(同軸)スピーカー、
C72233-A10-A7が平面バッフルに搭載された、
通称Baden 101です。
1
4

最初に観た時はその奇抜なフォルムに少々面喰らいましたが、
出てきた音にはおぉ~ッと素直に感動してしまいました。

25cmというやや小ぶりなユニットが、
90cm四方の広めのバッフルに組まれている為か、
音の広がりがとても良く、
オーケストラを壮麗に鳴らしてくれました。

2 3
このスピーカーユニットは、
その見た目から巷では「鉄仮面」などと呼ばれたりしているようです。

今現在はこんな風に設置されています。
5
MAGICO Q7の隣の、
6
Westlake Audio BBSM-15の上に居座っております。
7
( こうやって群れている所を見ると、スピーカーってどことなく妖怪っぽいですね。)

同軸スピーカーという事で、
やはりクラシックに向いていますが、
ボーカル物なんかとの相性も良いと思います。
最近のスピーカーとは全く別物の、
独特の魅力を放っています。

気になった方は、いつでもお気軽にご視聴にいらして下さい。
お待ちしております!

ではまた~。