スタジオモニターGENELEC(ジェネレック) 1035B 1034A のスコーカーを取り付けた

夏の小笠原です。

今回は前回紹介したスピーカー修理工房のオーディオラボ・オガワさんから、
修理に出していたGENELECのスコーカーユニットが戻って来ましたので、
その取付けの様子を紹介致します。

GENELECとはフィンランドのプロオーディオメーカーで、
スタジオユースな商品を数多く展開しているメーカーです。

1

2

GENELEC 1035B
スコーカーを外されてこんなみっともない見てくれになっていますが、
このスコーカーとツイーターがついている部分だけ、
四角いパーツになってますよね。
これはアルミのダイキャストでできていて、外すとめちゃくちゃ重いです。

この部分が正方形になっていて、
クルッと回転させて取り付けが可能なんです。
スピーカーの縦置きと横置きに対応するためなんですが、
ユーザーレベルでやるには、中々骨が折れる作業です。

余談ですが、
オーディオ業界では言わずと知れた銘器、
JBLの4343も上半分のバッフルが正方形になっていて、
回転させて、縦置き横置きに対応しているんですよ。

しかーしっ!!!
こちらはGENELEC程簡単には外れませんので、
なかなかやっている人は見かけないですね。

3

前回のブログでも紹介しました、
オーディオラボオガワの佐藤さんから、
修理が完了したユニットが送られてきました。

梱包も丁寧ですね~。

4

こちらがそのユニットです。

実はこのGENELEC君たちは、
飲食店への納品が決まっておりまして、
純正はウレタンエッジなんですが、
今回は佐藤さんにゴムに変えてもらいました。

ウレタンエッジというのは、
10年もせずに必ず劣化して、張替えが必要になります。

お店なんかに設置する場合は、
なかなか張替えなんて難しいじゃないですか~。

だから私の独断で今回はゴムに変更させて頂きました。

ここで気になるのがやはり音質ですよね。

ウレタンとゴムの決定的な違いは、
ウレタンは使えば使うほど柔らかくなり、
ゴムは最初は使って行くと柔らかくなりますが、
その後大抵の場合、段々硬くなってしまうという点です。
※お使いの環境にもよります。

数年使ったウレタンエッジの音が自分は好きですが、
その後、劣化して張り替えなければならないという点は、相当面倒です。

ゴムはゴムでウレタンにくらべ、アタック感が出ますので、
すっきりシャープな音質表現には向いているように思いますね。

もしこれからスピーカーを買おうという方は、
そんな部分にも注目して見て下さい。

5

6

いよいよ取り付けですね。
こうやってパカって開きます。

一番上の写真を見ると分かる通り、
丸い部分にピッタリエッジの縁が収まります。

間違った所につけると、
せっかく交換したエッジが潰れてしまいますので、要注意です。

フロント面から星野先輩から指示を飛ばされながらの作業です。

星野先輩→
右だよ!右!右だっつってんだろ!
上上!あっそこそこっ!あっ!ちげーよ!

みたいな感じです。怖いですね~。
※カメラの設定を間違えて、
日付が入ってしまいましたが気にしないで下さい。

7

取り付け終わるとこんな感じです。

8

一番高域を担当しているドライバーは、TAD製です。
前回のTAD水に続きTADさんは幅広いですね~。

GENELECの中に見つけたメイドインジャパンです。

9

ユニットを取り付けたからと言って、
まだダイキャスト部分を閉じては行けません。

中にスピーカー端子があります。

専用マルチアンプで駆動するため、
こんな端子のスピーカーケーブルが付いています。

10

これをガシコンしたら、
いよいよ音出し確認ですね~。

さてとアンプアンプっと・・・

11

このでっかいのが専用マルチアンプです。
70Kgあります。本格的な空冷ファンが4機と、
ディバイディングンボードが搭載されて、
アンプ基板は3枚入ってます。

恐らくアンプ基板一枚がアンプ2台構成になっていて
ブリッジしたりして、出力を調整するようですね。

そしてこいつが3500W食います・・・容量3.5K必要です。

はい?

一般的なマンションの全ての電気を賄うくらいの電力が必要ですね。
しかもスピーカーたった一発で。

12

13

やっと音出しにたどり着きました。

1035Aはアンプ1台で1本駆動。
1034Aはアンプ1台2本駆動します。

音の濃厚さは他の追随を許しません。
こんなに全部の音が濃厚なスピーカーは、
初めて聴きました。
※個人的な感想です。

こんなスピーカーを置いておける部屋があればな~
欲しいな~。

以上。長文読んで頂いてありがとうございました。

アフロオーディオの試聴室をご紹介致します。

どうもこんばんは。アフロオーディオのトクラです。

今回はアフロの試聴室、
ならびに現在の在庫商品を簡単にご紹介したいと思います。

IMG_1175こんな感じのだだっ広い倉庫の中に、
2階建ての建物が2棟、全部で4部屋のオーディオルームを構えています。

まずは向かって左側の建物から。

IMG_1163

↑こちら、1F試聴室が通称『カズコ』、2Fが『ミツコ』といいます。
試聴室に名前が付いているのがアフロ流(?)ですね。

では早速1F『カズコ』から見て参りましょう。

IMG_1102

IMG_1115

ALTEC SEVILLEやA8、Acoustical Beauty LEEDH E、
Visaton 890 MkⅡ、TANNOY Glenair 10、
Glass Master SD-2 KR(国産真空管アンプ)等々。
ちょっとひしめきあい過ぎてA8なんかは隠れてしまっていますが…。

IMG_1104JBL Project K2 S9800 SE、TANNOY KINGDOM、
Sonus faber Cremona M、ECLIPSE TD512 A502他。

IMG_1122 カートリッジも充実のラインナップです。

IMG_1119

ヘッドフォン類もショーケースに展示中でございます。

IMG_1181

↑最近設置されたレコード販売、試聴コーナー。
店頭のレコードは全て試聴可能です。
あ、もちろんオーディオも全て試聴できますのでご安心下さい♪

そしてレコードコーナー奥の階段を登ると、
2F試聴室、通称『ミツコ』です。

1

ミツコは比較的小型のスピーカーや、デッキ類がメインの部屋です。

2 Technics SST-1、MARK&DANIEL Maximus-Mini+

3 デッキ類がズラリ。

4 上からFIRST WATT SIT 2、LINN UNIDISC 1.1、HOVLAND HP-100、PASS X150.5

5

この前、酒井さんがブログで絶賛していたLINDEMANN BL-10はここに展示中です。
いや実際のところ凄いスピーカーだと思います。自分も好きですリンデマン。
さて、続いて倉庫反対側の建物へ。
1Fが通称『シンイチ』、2Fが『シンジ』です。

IMG_1165

それでは1F『シンイチ』から。
こちらはハイエンドな製品がメインのオーディオルームになります。

1
2FOSTEX GX250、Pioneer S-1EX、LUXMAN M-900u(パワーアンプ)、
C-900u(プリ)、D-05(SACDプレーヤー)、TANNOY ARDEN等。

3 4こちらはZINGALI 95-215やATC SCM-200ASL等。
5↑ B&Wコーナー feat.ESOTERIC

↓ TANNOYコーナー
69

EAR PARAVICINI 312

7WILSON AUDIO Sasha WP、system 6、YG Acoustics Sonja 1.2、
AVALON Eclipse、QUAD ESL-989、Audio Machina CRM+CRS+CR、
JEFFやFM Acoustics等々。
8

『シンイチ』の現在の目玉の一つは、やはり VIVID Audio GIYA G1でしょうか。
パッと見は可愛らしいですが、実物はかなり大きくてド迫力です。

そして最後はシンイチの2F、通称『シンジ』です。

23

いつの間にかなんとなくAccuphaseコーナーと化した一角。

45 ケーブル類も結構マニアックな品ぞろえです。

6奇抜なデザインのEBTB Terra Ⅱ Pro AM MBA、
その下にはMARK LEVINSON LNP-2Lも見えます。

879avantgarde trio Ω G2 classico basshorn G2
今回の在庫紹介の大トリに相応しいですね。
なんなんでしょう、もう凄いとしか言いようがありません。。
これは一見、一聴の価値アリです。

—————————————————————

というワケで、試聴室と在庫商品を足早に紹介させて頂きましたが、
いかがでしたでしょうか。

展示商品は常時500点程と、まだまだ紹介しきれていない在庫が沢山あります!
ご来店のお客様からは、商品の多さや店舗の広さに驚いて頂いたり、
「珍しい製品が所せましと並んでいて見ていて楽しい」といった声を多数頂き、
本当に嬉しい限りです(^^)

また、広い駐車場も完備しており、港北インターチェンジからも近いので、
都心からのアクセスもスムーズと好評を頂いております。

IMG_1176IMG_1031↑この看板が目印です。
店頭の商品は全て試聴可能です♪
是非、お気軽にご来店下さい。お待ちしております!

アフロオーディオ株式会社
〒224-0054 神奈川県横浜市都筑区佐江戸町392
TEL:045-507-4603
FAX:045-507-4738

営業時間:月・火・水 9:00~17:30 金・土・日 9:00~20:00
定休日:木曜日

また、お探しの製品がありましたら当店のHPにてご確認下さい。
http://shopafroaudio.com/
入荷商品は毎週日曜日に更新しておりますので、要チェックです♪

それでは、また!

 

真空管 Western Electric STC Triode 300Bの違いを比べてみた

アフロオーディオの星野です。

なかなかこのような形で、いろいろなメーカーの
真空管が揃うことも少ないので、ご紹介したいと思います。

左からTRIODE 300B、・STC 4300BWE 300Bです。
※4300Bは販売済です。

1

若干ですが、サイズが異なっているのがわかります。
比べて見なければわからない違いです。

ですが、WEの真空管は、今から50年以上も前に作られていて、
それを同じサイズのものを量産するという職人技は恐ろしいです。

マイカの形状
2TRIODE
・円の端を切り取った様な形
STC
・円形
WE
・おにぎりの様な形
※おむすびマイカと呼ばれています。

マイカとは雲母(うんも)で出来ているため、
この名称で呼ばれています。

ゲッター
TRIODE
5

STC
6

Western Electric
7

それぞれ形、サイズも異なります。
また、TRIODE、STCについてはゲッターが2つに対して、
Western Electricは1つとなっています。

ゲッターとは真空管を使用していくと、
内部にガスが発生し、その内部の余分なガスを吸収して、
真空度を保つ役割があります。

真空管アンプは音に温かみがあり、
弦楽器の響きなどは、トランジスタアンプに比べて、
余韻を残し、心地よく鳴ってくれます。

現在、真空管、真空管アンプを多数ご用意していますので、
これから、真空管アンプに挑戦しようと思っている方も、
そんな真空管の心地よさを味わいたい方、グレードアップを考えている方も是非、一度ご来店下さい。

真空管、真空管アンプの在庫

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

ハイレゾ音源をアフロ試聴室で聞いてみました!-EAGLES編-

こんばんは、野中です。

オーディオ業界のここ最近の動きとして、音源の高音質化、
DSD音源やハイレゾ音源が盛り上がっています。

そこで今回は閉店後の試聴室にてEAGLESのハイレゾ音源を聞き比べしてみました。

☆試聴環境

●スピーカー:Sonus faber Cremona M
ソナス

商品ページ http://shopafroaudio.com/2014/07/13/24945/

●アンプ:Accuphase E-460
accu

商品ページ http://shopafroaudio.com/2014/06/15/23216/

●プレイヤー:Astell&Kern AK120(私物)
IMG_2711

●試聴曲:EAGLESの名曲[Hotel California]
[1]ハイレゾ音源 24bit/192khz
[2]CDからリッピングしたFLACファイル 16bit/44.1khz

☆いざ試聴

まずはリッピングした音源から。
お馴染みのイントロから最後のギターソロまで、
CDながら程よいアナログ感を感じる音源です。
独特な中域の膨らんだハッキリしない部分が、逆に耳になじむ感覚がありますね。

次にハイレゾ音源。
これでもかという位に音が分離しています。
そして各音がスマートでぶつかり合う感じや混ざる感じがありません。
ハットやシンバルの金物感、パーカッションの音の近さ、ボーカルの発音、
最後の掛け合いのギター2本の位置感、全てが明瞭でクリア、アナログ感はほとんどありません。
高音質な音源となると高域に耳が行きがちですが、実は低音がすごくタイトになっています。
ベースの音切れなんかも瞬間的でこの辺りもトータルのクリア感に関係しているイメージでした。

☆試聴を終えて

全く別物の方向性に仕上がっていますね(笑)
ハイレゾは耳にビシビシ音が迫ってくるイメージでした。
これは正直好みが分かれる部分だと思います。
特にアナログ世代の方からすると音の温かみや雰囲気がなくなってしまった様に感じるかも知れませんね。
同じ曲をより良い音で聴くと言うイメージとはちょっと違うと思いました。

意外とハイレゾってイヤホン、ヘッドホンで聞かれる方が多いと思いますが、
スピーカーで鳴らしてみるのも面白い物でした。
自分も普段イヤホンなのですが、ハイレゾを聞く為のスピーカーシステム構築も楽しそうだと思います。

自慢の音源を携えて是非試聴に来てみて下さい、多分新しい世界があると思います(笑)
勿論下記URLの在庫にある物は全て試聴可能です。
事前に予約頂ければ、お好みのセットを組んでお待ちします。

アフロオーディオ
045-507-4603

商品在庫はコチラ↓
http://shopafroaudio.com//

レアなスピーカー入荷!Acoustical Beauty LEEDH E

皆さまこんばんは。アフロ二宮です。

今日は、私が先日出張で買取させていただいた
あまりお目にかかることのない
レアなスピーカーをご紹介します。

Acoustical Beauty LEEDH E

2

ついにアフロオーディオの店舗に姿を表した
Acoustical Beauty LEEDH E

いかがですか?このスタイリッシュなフォルム。
背後に立ち並ぶ TANNOYのKINDOMや
JBLのProject K2とは、明らかに異色なデザイン。
フランス製というだけあってか、拘りが感じられます。

5
6

音質の方は、個人的な印象としましては
一言で表現すると 「ストレート」。
クセがなく、真っ直ぐな印象を受けました。
気付きにくいですが、本体一番下のユニットからも低音が出るんです!

4

あまり流通していないようですので、
探していた方、チャンスです!

エッジもダンパーもないこのスピーカー、
いったいどんな音がするのだろう?
興味本位でもかまいません!
ぜひ実際に聴きにきて下さいね。

お車・電車でのアクセス

ショップアフロオーディオでは、
アンプやスピーカーなど、様々なオーディオ機器を展示し
皆さまのご来店をお待ちしております。

小型スピーカーでおすすめの機種3点選んでみた

こんばんは、アフロ酒井です。

今回、小型スピーカーで最良の選択は何か?
というのを考えてみました。

皆さん色々な事情をお持ちかと思いますが、
こういった悩みを持っている方が多いのではないでしょうか。

・借家であまり大きなスピーカーが置けない。
・メインのスピーカーを別に持っているけど、サブとしてもう一台欲しい。

僕も家が賃貸で間取り的にも、あまり大きなスピーカーが置けません。
やはり大きなスピーカーは置けなくとも小型の中でベストな選択をしたい。

でも、何を買っていいかわからないという方の為に、
アフロ酒井が選ぶ本当に良いと思う、
小型のオススメスピーカー3点を紹介します。

リンデマン LINDEMANN BL-10 スピーカー
IMG_0192IMG_0185
恐らく、中古で取り扱いがあるのはアフロオーディオだけ。
他店では見たことが無く、国内の流通量自体も少ない。
だが、このサイズでこの次元の音が出るか?!
というほど高解像度、高音質。

セラミックが使われているが硬い音では無く、
非常に心地いい音。酒井のイチオシ。

ボーカル物を鳴らした際に、同サイズで同レベルのスピーカーは、
中々無いと思います。スタンド付きですぐに使えるのも良い。

ペナウディオ PENAUDIO CHARISMA スピーカー

2
見た目通りの音の印象で、美しい音が特徴。
高音が澄んでおり、軽やかな音色。低域は出すぎず、少なすぎずベスト。
サイズの割に大きな音を出しても音色に破錠が少ない。

LS3/5a スピーカー
1説明不要の銘器。LS3/5aの名はBBCに認可を受けている証。

やはりサイズ的にあまり大きな音は得意では無いが、
スタンド型の専用ウーファーを使えば、低音から高音までそつなくこなす。
※注意点としてRogersやKEF、Herbethなど各社から出ており、
それぞれ音が異なる。

コストパフォーマンスでは上記2点を大きく超える存在。

説明だけでは、わかりづらい部分もあるかと思いますので。
是非、実際に聞いてみてください。

アフロオーディオはららぽーと横浜から徒歩8分程度です。
ご来店お待ちしております。

オーディオラボ・オガワ訪問!!

暑苦しい小笠原です。

今回はいつも行こう行こうと思って行けてなかった、
オーディオラボ・オガワさんに行ってきましたので、
そのレポートです。

オーディオラボオガワHP

オーディオに興味のある方でしたら、
聞いたことがある方も多いと思います。

こちらは小川電器商会さんという町の電気屋さんと、
オーディオ屋さんとオーディオ修理工房が合体したスタイルのお店です。

アフロオーディオに入荷したスピーカーで、
メーカー修理が不能で異常が出ていたり、
古くなってメンテナンスが必要な物はこちらにお願いしているんです。

お世話になりっぱなしなのに、
一度も行けてなかったので、休みを利用して行ってきました。

1

こちらは店舗で1階は電気屋さん、2階はオーディオ屋さんです。

2

オリジナルのHartsfieldがありました。
ピカピカでしたね~

3

4

修理工房に潜入!!

6

5

こちらがユニット修理部門です。
修理待ちのユニットがゴロゴロしています。
TANNOYだとシルバー、レツド、ゴールド。
ALTECの515とか、MAXONICなんかもありましたね。

そしてこのユニットたちを修理してくれるのが・・・

8

この方たちです。ALL女性です。
皆様大ベテランで僕なんかじゃ足元にも及ばない方々です。

そしてこの部門を取りまとめるのが、

9

こちらの佐藤絹子さんです。
最初は絹子さん一人で修理を始めたんだそうです。
新聞でもゴットハンドなんて紹介されたことがあるんですよ。

僕にとってはスピーカーの母って感じです。笑
いつも丁寧に対応してくれて、ありがとうございます。

そしてもちろんネットワークやシステム担当の部門もあります。

10

太田 望さん。この部門は太田さんただ一人なんだそうです。
アフロオーディオでもこの前Wilson AudioのSystem5.1をお願いしましたが、
一人でディフレクションパッド等も張り替えちゃうそうです。

11

こちらはまさに男の職場。太田さん憧れるっす!!

12

そしておみやげに頂いたのが謎のTAD水です。

今回見学させて頂いて、すごく勉強になりました。

こういった修理をしてくれる業者さんのおかげで、
アフロオーディオで扱う古い商品も、
安心してお客さんに使ってもらえる状態になるわけですね~。

オーディオラボ・オガワさん今回はありがとうございました。
そしてこれからも宜しくお願い致します。

また時間を作って遊びに行きます。