エンクロージャーと音について

こんばんは、アフロ酒井です。

世の中には色々なスピーカーがありますが、
エンクロージャーの設計理念は大きく分けると2つしかないと思います。

1.徹底的に不要な振動を排除し、ユニットから出る音のみを忠実に再現しようとする物。
2.スピーカーそのものを楽器のように捉え、エンクロージャーの響きも含めスピーカーの音の一部とする物。

今回は最近入荷した製品を紹介しつつ、エンクロージャーの設計による音の違いについて考えてみたいと思います。
1.の例はAudio MachinaのCRM+CRSです。
とても透明感のある音で、弦楽器やボーカルがびっくりするくらい生々しいです。

20130823_194040

 

エンクロージャーがアルミで出来ており、叩くと中身が詰まった音がします。
木のようにコンコン鳴る感じが無く、鳴きが抑えられています。
また余計な振動を排除するために機械的強度が高く重量もサイズの割にかなりあります。
この手のエンクロージャーはモニタータイプのスピーカーに多く、音質の傾向はクリアで低域は引き締まっている物が多いです。
特徴:エンクロジャーが分厚い、素材が硬い、重い。
音質:クリア、タイト、高解像度

続いて2.のタイプです。
例として、TANNOY ウェストンミンスターロイヤル(近日ショップサイト公開)

ふくよかな低域でスケールの大きな音が特徴です。
クラシックがよく合います。

20130823_194445

エンクロージャーが木で出来ていて木の響きが乗った優しいがします。
木製エンクロージャーの場合、良く鳴る木でやや薄めのエンクロージャーにすると、
小さなユニットを使っても箱全体が鳴りますので、比較的低音が出やすくなります。
バックロードホーンなど中身が詰まった物は例外ですが、全体として比較的重量は軽いものが多いです。

特徴:エンクロジャーが薄め、素材が鳴る(硬い、柔らかい問わず)、軽い。
音質:ふくよか、木の材質によって独特の艶や癖が乗る、レンジがやや狭いものが多い

※ウェストンミンスターは構造がバックロードホーンに近く中身が詰まっています。
しかも普通のトールボーイと比較するとわかりますが、サイズがサイズだけにかなり大きいので、やや例外ではあります。
20130823_194541

20130823_194715

ROYALの文字が非常にかっこいいですね。
20130731_155815
こちらは運び出しの風景。
こう見ると、ただの大きなタンスを運んでいる様にしか見えない状態でした・・・。
以上、入荷製品の紹介とエンクロージャーの種類でした。

そのうち、1のタイプの鳴きが少ない小さめの箱を自作しようと酒井は密かに考えています。
完成しましたらブログにて報告したいと思います。

乞うご期待!

イヤホン

ご無沙汰です、アフロ野中です。

音楽は大きいスピーカーで鳴らしてなんぼの方も多いと思いますが今回はイヤホンの話です。

最近電車通勤に切り替わったのもあってイヤホンにはまっているのですが、これがまた実に奥深い世界でした。

スタッフの中にイヤホン好きがいたのもあって日々いじくった感想など話しています。

自分が今使っているのはこれです。
IMG_2060

SHURE SE535LTD

3WAYのスピーカーの様にイヤホンの中にウーファーやドライバーが入っているモデルです。

そして何が奥深いって最近はケーブルの交換が可能なのです。

IMG_5432

こんな感じです。
自分もOYAIDEとAUDIO TRACKのケーブルを試してみましたが面白い様に音が変わります。深いです。

勿論アフロオーディオはイヤホン、ヘッドホンの買取も行っています。グレードアップの資金作り等にも是非御利用下さい!

しばらくイヤホンにはまります。

自転車

デブです。

先週、研修ということで、
社長につれられて自転車で下田まで行って参りました。

まーきつい。自転車なんて普段一切乗らない私は、
初日ですでに足と尻の痛みが限界に達しておりました。

でもダウンヒルは最高でした。
ちょっと鍛えて頂上まで漕いで登れるようになりたいです。

1

自転車はこんな感じ。

2
夕食1

3
夕食2

4
良い景色1

8
良い景色2

研修最終日の夜、こんな素敵なお店に行きました。

http://tosaya.net/

レコード5万枚を所有する、下田のSOUL BAR 土佐屋です

蔵を改造した作りで、天井が恐ろしい程低いのですが、
非常に雰囲気が良いお店でした。前から一度行ってみたかったんです。

Black Music Likeにはたまらないお店ですよ。
リクエストにも答えてもらえました。

5

店内画像1

7

店内画像2

6

店内CELESTION DITTONです。

非常に楽しい、夏の一時でした。
また自分の身の程を知りました。

アンプが欲しい

ご無沙汰しておりました。アフロ大坂です。
早いものでアフロに勤めだしてもう2年以上経ちました。
こんな仕事をしていながら、未だ自宅にオーディオと呼べる代物がなく、
いつか買おう、いつか買おうと思っていながら日々を過ごしていました。

仕事柄、無駄に耳が肥えてしまい、高望みしすぎて、
なかなか『これだ』ってやつに出会わなかったのですが、やっと出会いました。

『Spendor BC-Ⅱ』

IMG_9210

2

素直に良いです。
綺麗でやさしい木の音がします。
となるとやっぱり次に欲しくなるのはアンプですね。
(次っていうかスピーカーもまだ出会っただけで買ってません)
ホントは真空管が好みなのですが、『やっぱリモコンって便利だよな』って
現実と格闘してます。

この悩んでいる時間がまた楽しいんですけどね。

Audio Accessory取材レポート

小笠原です。

本日Audio Accessoryの取材に、
音元出版の野間さんが来てくれました。

1.jpg

広い部屋感を出すために今回は上からカットを多用しています。
(カメラマンさん、ごちゃごちゃ言ってすいませんでした)

2.jpg

撮影カメラはNikon D4、
ワイヤレストランスミッターつけて、Ipadで、画像確認してました。
(こういう所ばかりに目が行ってしまいます)

3.jpg
4.jpg

僕がCANONのコンデジで撮るとこんな感じです。
カメラマンさんが撮るとどうなるかは是非本屋さんで見てみてください。

5.jpg

酒井と野間さん取材楽しそうですね~。

6.jpg

うん。楽しそうです。

IMG_8750

来月発売のAudio Accessory 150号で、
アフロオーディオの全試聴室が公開されます。

是非本屋さんで見てみてくださいね~