新入社員

こんにちは、はじめましてアフロ酒井です。

前回のブログで野中さんに紹介していただきました。
かれこれ、1年間ほどアフロオーディオでバイトをさせていただいております。

桜が綺麗な季節になりましたね。
少し散り始めてはきましたがまだまだ綺麗です。

4月といえば出会いと別れ、そして変化の季節です。

自分は大学を卒業し、晴れてアフロオーディオの社員となります。
たまに冗談で、「え?社員になるの?」と先輩方にいじめられますが・・・

野中さんの紹介にもありましたが、僕は花粉症です。
最近は症状がひどく夜は薬を飲まないとつらくて寝れないような状態です。
ブログ読者の方も花粉症の方がいらっしゃるかと思いますが、本当につらいですよね。

杉、ヒノキ両方の方は期間も長く大変だと思います。

さて話は飛びますが僕はホーム用のオーディオ機器も好きですが、
得意分野は業務用の機器となります。

今でも趣味でレコーディング等をやっていますので、マイクやミキサー、
モニター用のヘッドホンやスピーカーなんかが一番詳しいです。


写真は僕の手持ちの機材達になります。
頼もしい奴らです。

アフロオーディオにも業務用機器がよく入ってきます。
どんなものがあるのか興味のある方は一度お問い合わせください。
※もちろん、買取も承っております。

それでは、皆様これからもよろしくお願いします。
アフロ酒井でした!

もうすぐ4月!

こんにちは、アフロ野中です。

前回のブログは寒さ厳しい頃でしたが、ここのところ暖かくなりましたね。
最近は電車通勤しておりまして、鴨居駅から会社までの道に桜も咲いております。

更には花粉症の季節みたいですね。
花粉症と言えば4月に晴れて入社予定の酒井くんです。

自分が入社した時には既にバイトでいた酒井くんが4月に社員になります。
この場合、自分は先輩なんでしょうか、後輩なんでしょうか。どっちでもいいですね。

本人の許可が貰えたのでその頼もしい姿を少しだけお届けします。

これ以上はアフロオーディオに試聴ついでに会いに来てみて下さい。

ちょっと真面目な方向に戻して、昨日は茨城にてPioneer Exclusive 2402を買取させて頂きました。

Exclusiveシリーズにはちょっとした思い入れがあり、今回のモデルも期待以上の素晴らしい音でした。
いつか我が家にもって少し思いました。

ここのところ魅力的な商品が続々入荷しております。是非ふらっとお立ち寄りくださいね!

次回のブログは話題の酒井さん(の予定)。

James Chance

森田です。

私は基本的に内勤なので、来店されたお客さんの対応をしています。
ご来店の際は是非お好きなメディアをご持参下さい。
ジャズやクラシックに限らず、ロック、ポップス、アニソン何でも良いです。
何枚でもご持参下さい。
ご納得いただけるまでご試聴下さい。

また、ショッピングサイトがリニューアルされ、
在庫状況等、分かりやすくなりました。

http://shop.afroaudio.com/

オークションにも引き続き出品しておりますが、
ショップページに掲載されている全ての商品は直接販売も行っております。
ご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

今日も私の好きなミュージシャンのお話しです。

James Chance(the Contortions)
DNA、Lydia Lunchなどに並び70′s~80’sノーウエイブに欠かせないアーティストです。
3年前、恵比須LiquidRoomで奇跡の来日公演があるということで
駆けつけていきましたが、自分の知っているJames Chanceとまるで別人の
よぼよぼなご老人でした。
それでも躰に鞭打ってダンスしたり、サックス吹いたり、その歌声は
渋さが増しつつもJames Chanceそのもので、非常に感激しました。

自分の好きな80年代のアーティストは殆どライブは観たことないので
かなり貴重な体験だったと思います。

ソロアーティストの場合、今後も機会はあるかもしれませんが、
バンドだと難しいでしょうね、DNAとかSPKとか、Lounge Lizerdsとか、
来日したら、すぐ、すぐ、駆けつけるのに・・・。

三寒四温

どうもです。アフロ大坂です。

めっきり春めいて、気温も高くなって来ましたね。
自分はスノーボード好きなので、冬も比較的楽しめる派ですが、
暖かくなると、頭に浮かぶのはやはりバイクです。
車検が切れ、しばらく放置していますが、
数年前までは愛車の『SR400改』でそこら中走り回っておりました。

仲の良かった友人から譲り受けた、想い入れのあるバイクです。
名を『ガジローサ号』と言います。
友人がこいつで日本中を放浪していた時のキャンパーネームが『ガジロー』、
そして二人が大好きだった映画に出てくるバイクの名前が『ポデローサ号』、
その2つが由来です。


映画が気になる方は『モーターサイクル・ダイアリーズ』を観てみて下さい。
かの有名なチェ・ゲバラの若かりし日の実話を元に映画化した、
熱くもあり緩くもあり、特に盛り上がりもないが心暖まる名作です。

写真はガジローザ号と本栖湖の夕日です。
携帯なので画質が悪いです。
リタイヤしたらハーレーなんかで、テントとコッヘル積んで
住所不定の老後もいいかなと本気で思います。

新着情報です。

アフロ小久保です。

入荷間もない製品の一部をご紹介します。

スピーカーは比較的定番の物から、珍しい物も入荷しております。

AIR TIGHTやMcintoshのアンプも入荷しております。

AIR TIGHT以外のアンプは、何れも入荷頻度の高い製品です。

先日、買取で日光市に伺いました。

今度またゆっくり伺いたいです。